kinoのくらし
子育ての日々、たまに旅行、たまに家計管理
妊娠・出産

出産・子育て~産後うつには誰でもなりうる~もれなくなった私の体験談

こんにちはkinoです!

以前、入院中の過ごし方についてレポートした際

退院指導で助産師さんから産後うつについてのお話を聞き、

もれなく私も軽度の産後うつになったとチラっと触れました

今回はどんな症状だったのかお話したいと思います

今、まさに、新生児~3ヶ月の赤ちゃんとの生活で

「しんどい、、、いつまで続くの」

と落ち込みがちなお母さんの参考になれば幸いです

無の感情で涙が止まらなくなった

「あぁ、これが産後うつなのか」

と実感したのは

息子が新生児~生後2ヶ月くらいの頃

(もはや記憶があいまい)

時間帯は午前中

外は大粒の雨が降っていました

息子を抱きながら

ベランダ越しにその雨を眺めていると

気が付いたらボロボロと泣いていました

その時は、悲しいとかつらいとか具体的な感情はなく

ただただ涙が止まらない

私を見つめるキョトンとした息子の顔もなんとなく覚えています

自分の中で溜まったものが自然とあふれ出ているような感覚でした

そもそも産後うつとは

「産後うつとは」で検索すると出てきたパンパースのサイトでは以下のように明記されています

産後うつは赤ちゃんを産んだばかりのママに現れる病状です。産後、ママには、辛くて後ろ向きな感情や考えが長く続くことがあります。産後うつ は出産後に出てくる症状ですが、必ずしも最初の出産後と言うわけではなく、いずれの出産後にも出てくる可能性がある症状です。赤ちゃんが産まれた1~3週間後に症状が現れるのが一般的ですが、数ヵ月後や1年後に発症する場合もあります。

パンパースなりたてママへのヒントより

具体的な症状はいろいろあります

最初のステップはママに産後うつの症状が出ているかをチェックすることです。 主な 産後うつの症状は以下のとおりです。

気分が落ち込む

気分の浮き沈みが激しくなる

突然泣いてしまう

赤ちゃんを可愛いと感じない

パパを避けてしまう

食欲がなくなる

食べ過ぎてしまう

寝付けなくなる

眠りすぎてしまう

ひどく疲れて元気がなくなる

以前は楽しんでいたものが楽しめなくなる

イライラしたり、すぐ怒ったりする

良いママではないと不安になる

無気力、羞恥心、罪悪感、自分に価値がないと思う感情に陥る

集中力がなくなる

物事への対応力が落ちる

重度の不安に陥りとパニック発作が起きることがある

ママ自身や赤ちゃんを傷つけるような衝動に駆られる

死や自殺について繰り返し考える

パンパースなりたてママへのヒントより

この中で私が具体的に症状として感じたのは

突然泣いてしまう

ということ

他にも

気分が落ち込む

食欲がなくなる

寝付けなくなる

ひどく疲れて元気がなくなる

はちょいちょい感じていたと思います

助産師さんにも疲れやホルモンの影響でこういった症状になるということは

説明されていました

自分はならないと思っていた

助産師さんや世の中の情報で

産後うつについて

知っていたのにも関わらず

そうは言っても自分はならないんじゃ

と思っていました

不妊治療の末に授かった待望の赤ちゃん

周囲のサポートもある

明るい性格(どちらかといえば)

そんな私が産後うつにはならないだろうと

思っていました

しかし、出産~新生児~3か月くらいまでは

毎日が長くていつまでこれが続くんだろうと

本当にしんどかったです

私が1番産後うつの原因だと思ったのは

寝不足

もうこれにつきます

これまで1日くらい明け方まで寝付けなかったことは何度かあっても

それが何日も続いたことなどなく

常にぼーーーっとしている状態

赤ちゃんのお世話をするのは

「かわいい」

という感情さえ奪うくらいしんどかった

よく「子どもと一緒にお昼寝を

と言われますが

私は息子がいつ泣きだすかという緊張感みたいなものが

常にあって

息子が寝ていても熟睡することができませんでした

そのうち息子が抱っこしていないと寝ないようになって

日中は横になることも出来なくなりました

幸いワンオペではなく母親や夫の手もありましたが

やっぱり人間、睡眠をとらないと正常運転できなくなると

身をもって感じた時期でした

夫に正直に話した

さっきのボロボロ泣いた日の夜

夕食を食べながら

「昼間、外見ながら、気が付いたら泣いてた」

と素直に話しました

話しているとまた泣けてきて

滅多に泣かない私の様子に夫もただ事じゃないぞと察したのか

「大丈夫?」

と食事をやめて、話を聞いてくれました

何かアドバイスが欲しかったわけでもなく

ただ聞いて、吐き出させて欲しかったので

「大丈夫?」で十分でした

人前で滅多に泣かない私が

すんなり泣けたことで

気持ち的にすごく落ち着いたのを覚えています

生後3か月くらいで落ち着いた

いつまで続くんだろう

子育て=楽しい < つらい

という日々から脱したのは

生後3ヶ月くらいだったと思います

寝不足の状態に体が慣れてきたのです

これまで日中、常に眠い状態だったのが

落ち着き

なんとなく楽になってきました

育児のリズムに慣れてきたということだったのかもしれません

それと同時に

息子の表情も出てきて

少しずつ

子育て = 楽しい(かも) > つらい

になっていきました

お出かけする回数も増えてきて

外で友人と子どもを連れて食事をしたのもこの時期くらいからでした

息子は、この時期、

外では比較的静かだったので

外出もしやすかった記憶があります

こうして、産後うつは落ち着いていきました

誰でも産後うつにはなりうる

自分は大丈夫

と思っていてもなるのが産後うつでした

ホルモンや疲労

赤ちゃんの性格(よく寝る子、寝ない子、よく泣く子、泣かない子等)

自分がイメージしていた

赤ちゃんとの生活より遥かにしんどい状況に

慣れるまで

誰でも産後うつとは隣り合わせだと思います

私は夫に話すこと寝不足のリズムに慣れたこと

軽度の産後うつで済みました

出産だけでも大変なのに

休む暇なく

24時間営業のお世話がやってきます

どうか

限界まで1人で抱え込まず

「ムリだ・・・」と思ったら

誰かにSOSを出してください

そして

子育ては大変なことが多いですが

少しでも

「楽しい」

って思える日がきっと来るハズなので

つらい時期を乗り越えていけたらいいなと

産後うつにより悲しい事件が少しでも減りますように

それでは

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA