kinoのくらし
子育ての日々、たまに旅行、たまに家計管理
子育て

続・子どもは1人で十分だと思う②~友人の出産報告・夫と話し合う等~

こんにちはkinoです!

このブログの中で1番読まれている記事

子どもは1人で十分だと思う~実際育ててみて気持ちが変わりました~ こんにちはkinoです! 今日は子育ての日々の中で感じているコトをちょろっとお話したいなと これま...

この記事を書いてから1年半ほど経ちまして

ここ最近で心境の変化があったので

それを書いています

前回の続きになります↓

続・子どもは1人で十分だと思う①~最近の心境の変化を正直に言います~ こんにちはkinoです! このブログ内で1番読まれている記事は間違いなくコレで https://k...

友人の出産・妊娠報告が重なる

8月には息子が4歳になり

幼稚園も1学期が終わり

ぐぐぐっと息子の成長を感じていた頃

8月の中旬に

学生時代の友人が第2子出産をしたとLINEで報告がありました

心からの祝福と同時に

第1子が2歳で

しかも国際結婚で海外での出産育児での第2子は

本当に頑張ってるなぁと感心しまくりです

そのグループLINEで第3子を妊娠中という友人も居て

ますます感心

同世代に何だか励まされた気分

同じ8月下旬には

幼稚園で出来たママ友が第2子を出産しました

入園してから毎日の送迎で何となく話すようになって

1度お茶をして仲良くなったママ友

知り合ってからの期間がまだ短いですが

毎日顔を合わせていたので

日に日に大きくなるお腹を見ていたりして

すごく親近感があって

そんなママ友からの出産報告は

すごく喜ばしかったです

出産報告が続いて

第2子への期待が私も勝手に高まってきちゃうという

よし

夫と久しぶりに腹を割って話そうと思いました

親友の妊活への意気込み

夫と話す前に・・・

中学時代からの親友にちょっと聞いてみたいことがありました

その子は

うちと息子同士も同じ年で

現在第2子への妊活(体外受精)をしている状況でした

「何歳まで妊活(体外)するとか決めてるの?」

と聞いてみたところ

友人「いや、出来るまでw」

と即答

「さすがに45歳とかになったらちょっと考えるけど

40代前半は全然続ける

何なら3人欲しいんだよね」

と言っていました

勝手に40歳くらいまでかなぁなんて想像していたので

前向きすぎる回答に圧倒されました

3人産みたいというのにも驚き

彼女の周囲は子沢山が多くて

子どもがいっぱいいる状況がいいなぁって思っているようです

そして彼女自身は1人っ子

彼女曰はく

「やっぱり寂しいんだよね」

「子ども時代だけじゃなくて

大人になっても親のこととか相談・共感できる人がいないから」

こういう話もちゃんと聞いたことが無くて

このタイミングで聞けたことで

ずしーんと響きました

私は弟がいるのですが

大人になってからほとんど連絡も取らないし

顔も1年に1、2回合わせるかだし

存在としてさほど意識していないのですが

いざ親のこととか今後出てきた際に

やっぱり兄弟がいて良かったと思う時が来るのかもしれない

やっぱり兄弟がいた方がいいかぁ

前向きに妊活に取り組む彼女の話を聞いて

第2子への背中を押されました

夫と腹を割って話してみた

さて家族会議です

たまに夫とはあれやこれや

話をするのですが

第2子に関しては久しく話題にしていませんでした

一応

これまで私が「1人で十分」と言っていたので

夫も「まぁもう1度イチから育てるのは大変だよね

と意見が一致していました

私が

幼稚園に入園してから

ここ最近の周囲の出産・妊活報告を経て

第2子居てもいいかもと思ってきた

打ち明けました

すると夫は

「まぁやっぱり兄弟は居た方がいいかなとは思う」

世間一般論的な部分もあるけど

4歳の息子に弟や妹が居たら

息子のためにもいいんじゃないかな

お世話とかするの好きそうだしね

といった感じの話をしてきました

私も「うんうん」と頷く

もちろんまたイチから出産・育児は大変なのはわかる

でも1回やってるからイケるんじゃないか

そんな流れの話し合いになりました

1年限定で第2子妊活をしようか

前向きに第2子への話し合いをしたワケですが

現在38歳の私

もちろん妊娠するかどうかの問題が大きいですが

妊娠したとしても健常児が生まれてくるのか

色々なリスクと向き合う必要があるなぁと感じます

リスクは年齢とともに増加していくので

私はそれが怖い

それと

産む体力も必要ですが

育てる体力はもっと必要で

それも正直心配

そんな話しを夫とする中で

じゃあ1年限定で39歳うちに産むという期限で妊活しようか

という話になりました

もし妊娠したら万々歳

出来なくても息子がいるからいいよね

というスタンスで

気楽に取り組むことにしました

(ストレスは妊活の敵)

ここまで読んで

あれ?今までタイミング取ってなかったの?

と思われた方もいらっしゃるかと思いますが

わが家はですね

正直に申し上げますが

息子を妊娠して以降

全く

していないんですよね

この辺も夫に聞いてみましたが

別になくてもいい人でした

私も同じなので

この意見の一致は奇跡

ということで

これまで自然妊娠する可能性はゼロでした

5年ぶり?

果たして出来るのかな・・・?

そんな不安もよぎりますw

乳がん検診でひっかかる

第2子居てもいいかもと思ってきた頃に

7月に受けた人間ドックの乳がん検診で

要精密検査という結果を突き付けられました

まじか・・・

このタイミングで・・・

と思ってしまいましたが

こればっかりは仕方ないです

8月に

住んでいる場所から行けそうな乳腺外科に行き

もう一度マンモグラフィーと超音波をやったり

過去のデータを取り寄せたりして

結局、半年後に経過観察という流れになったのですが

妊活しようかと思っているんですよね

と打ち明けると

じゃあ白黒ハッキリつけときましょうか

と大きな病院を紹介されて

細胞検診をする流れになりました

結果を待って妊活開始

細胞検査(マンモトーム生検)をするのが

結構先の10月中旬になって

結果は10月の下旬に出ました

結果は良性の範囲内ということで

1年後のマンモグラフィー・超音波の検査予約をして

今回は事なきを得たのですが

はじめて

自分が病気かもしれない

というなかなかの経験をしました

そしてこれを乗り切ったことで

11月から妊活をスタートすることにしました

乳がん検診で引っ掛かった話は

また別で記事にしたいと思っています

まとめ

そんなワケで

子どもは1人で十分と思っていたわが家が

幼稚園入園を経て

ようやくもう1人居てもいいかもと思って

妊活する運びとなりました

人の気持ちって状況によって変わるし

こう思うなら2年前くらいから妊活しときゃ良かったなんて

思わなくもないですが

時間は戻ってこないので

遅ればせながら

少しだけ頑張ってみようかなと思います

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA