kinoのくらし
子育ての日々、たまに旅行、たまに家計管理
旅行

子連れ旅行~2021/6伊豆稲取・ホワイトタイガーに餌やり@伊豆アニマルキングダム~

こんにちはkinoです!

先日、2歳10ヶ月の息子を連れて行ってきた~伊豆アニマルキングダム~のレポートをしたいと思います

アクセス

伊豆稲取駅から路線バスで約10分

大人310円 子ども160円

私たちはこれで行きました

まずバス停ですが稲取駅前にあるわけではなく

駅から少し道をくだった場所にあります

駅員さんに聞きました

バスの時刻表はこちらで確認

バスの本数が少ないので帰りはタクシーを呼びました

アニマルキングダム出口らへんにタクシー会社の電話番号が書いてあるので

そこに電話したらすぐに来てくれました

伊豆アニマルキングダムからホテルいなとり荘近くのマックスバリューに

降ろしてもらって約2000円でした

車だと東京方面からで厚木ICから2時間40分

なかなかの距離です

駐車場 1台500円

料金

入園料は

一般大人(中学生以上)2,500円

子供(4歳以上)1,250円

シルバー割引(65歳以上)2,400円
※証明となる手帳をお持ちください

これ以外に動物の餌やり代金や遊園地ゾーンの乗り物代金がかかります

なので純粋に動物園ゾーンのみの値段だと思うと

普段公営の動物園ばかり行くわが家にはちょっとお高い印象です

園内で使えるお得な回数券を2セット買いました

とくとくクーポン:1セット2,000円(100円券22枚つづり)

餌やりにも乗り物にも食事にも使えるので2セット買ったのですが

結果もう2セット買っても良かったくらい

こちら入口でしか買えないので

初めてだとどれくらい使いそうか予想して買うしかないので

園内でも買えるようにしてほしいですね

動物園エリア

入園してスグにアニマルゾーンが始まります

ウォーキングサファリゾーンは広大な敷地にダイナミックな背景が合わさって

ここでしか見られない動物園ですね

背景の山が良い感じ

動物たちは餌がもらえると息巻いてグイグイ近寄ってきます

キリンと同じ目線

ウォーキングサファリゾーンの途中で猛獣コーナーがあり

ホワイトタイガーの餌やりをやりました

1回500円 限定25組

1組5人まで 2つ肉をあげられます

夫がすごく楽しみにしていました

息子は怖がって私に抱っこされたまま距離を取っています

ライオンとホワイトタイガーの飼育場はレストランと併設しており

食事をしながら見ることが出来るのも見どころ

飼育員の方が餌を上から吊るし、その攻防をガラス越しに見ることができます

私たちはそのレストランは利用しなかったのですが

猛獣コーナーの通路からその様子が見られました

わくわくふれあい広場ではカピバラやワラビー、うさぎに餌やりができます

直接あげるのは怖いのでポイっと投げてしまう息子ですが

それをうさぎが食べてくれて嬉しそうにしていました

サイの角に触るイベントもやりました

1回100円 時間に並べばOK

間近で見るサイはなかなかの迫力

餌を食べている隙に触ります

感触は固い、サラサラしている

息子はやる気満々だったのですが目の前にしてNOでした

遊園地エリア

なんだかんだこっちがメインになってしまったプレイゾーン

小さい子どもが乗れるアトラクションが結構あります

先日、井の頭自然文化園に行った際、

イヤイヤが発動して全然乗り物に乗らなかったことがあり

今日はどっちかな?

と思っていたらバンバン乗る日でした

アトラクションのひとつに恐竜ゾーンがありました

声も出るし動くしなかなかの迫力

食事

動物園ゾーンと遊園地ゾーンの間に軽食を売っている場所があり

これまた結構な坂道を登った場所だったので

みかんソフトを買いました

この位置、買っちゃうやつです

さっぱりしていて美味しかったです

遊園地ゾーンの展望レストランで昼食を取りました

息子がこれを食べたいというので今日は特別に

ホワイトタイガーパンケーキ

結局のところ肉球のアイスとマンゴーしか食べないという

大人は写真を撮り損ねていますが

ラーメンとかつ丼を普通に美味しく頂きました

せっかくだったら猛獣コーナーを見られるレストランのほうが

ここに来た甲斐がありますよね

なかなか思っていた通りに行動出来ないのが子連れのツラいところ

まとめ

トラに餌やりやってみたいな~

というかねてからの夫の希望で1度行ってみたかった

伊豆アニマルキングダム

山々を背景にした動物ゾーンはダイナミックでここならではの動物園

トラの餌やりだけでなく色々な動物に触れ合うことが出来るのも良かったです

私はサイの角に触れたのが貴重な体験でした

遊園地ゾーンは小さい子どもが楽しめる乗り物が結構あり

動物園に来たはずでは?というくらい

遊園地で遊んだ感覚になりました

子どもが楽しかったようなのでOKです

恐竜ゾーンもなかなか本格的な展示

恐竜好きな子どもが居る友人が写真を見て食いついていました

アクセスは東京からだと結構遠いので

稲取・熱川あたりに泊まる予定とセットで行く感じになるかと思います

普段から色々な動物園に行くわが家にとって

良い想い出がひとつ増えました

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA