kinoのくらし
子育ての日々、たまに旅行、たまに家計管理
子育て

抱っこ紐比較~買った&レンタルした抱っこ紐5つレポ!②~

こんにちはkinoです!

今日は前回からの続き~抱っこ紐レポ②~です

ベビービョルン、ババスリングのレポートは前回記事→

購入②ベビー&ミー ONE-S LIGHT

定価 20500円 →公式サイトにて現在10000円引き10500円

公式サイトより

新生児~3ヶ月までベビービョルンミニで乗り切り

満を持して購入したのがBABY&Me ベビー&ミー

ヒップシートと呼ばれる抱っこ紐です

最近使っている人をチラホラ見かけますが

今から2年以上前なのでまだあまり使っている人もおらず

ブログか何かで見つけて

コレいいかも

と思い五反田のショールームに試着&購入しに行きました

公式サイトより

当時はONE-Sが新製品として出た頃

赤ちゃんは汗をかくし、洗濯した時乾きやすい方がいいということで

LIGHTのチャコールグレーを買いました

オプションで耳付きのスリーピングフードと前向きよだれカバーも一緒に購入

良い点

・装着が簡単

ヒップシートに赤ちゃんを乗せ、自分にちょっともたれかけさせ、

安定した中で首の後ろでバックルを留めるのがやりやすい

エルゴに比べて付けるときの安心感がありました

・サイズ調整も簡単

ヒップシートはマジックテープで留めるので誰とでも共有が簡単

マジックテープの上からするバックルも簡単に調整できます

夫や母と一緒に使うのに重宝しました

・前向き抱っこ可能

うちは前向きにすると喜ぶタイプだったので前向き抱っこ可能で良かったです

動物園や水族館に良く行くのでその時に使うことが多かったです

写真を撮るときも便利です

ただし、前向き抱っこだと前に体重がかかって、こちらの負担はスゴイです

・メッシュ素材

赤ちゃん側にあたる部分はメッシュ生地で汗かき◎

冬でも密着していると汗かきますもんね

背中部分が開くのも通気性アップで良くそうしていました

公式サイトより

・肩、背中への負担が少ない

腰ベルトとヒップシートで赤ちゃんの体重を支える感じなので

肩紐や背中にかかる重さはあまり感じません

肩こりに悩む人にはおすすめです

・ヒップシート単体でも使える

歩くようになると

「歩きたい!抱っこ!歩きたい!抱っこ!」

の繰り返しになります

そうなるとヒップシート単体での使用が多くなりました

大人の手が足りない息子と2人きりでのお出かけ時には持参

また大人が2人以上居ても長時間のお出かけ時には持参

これのおかげで腕が早々に死ぬことが回避できます

もちろん長時間これだけで乗り切るのは腰が崩壊します

ちょっと残念な点

・マジックテープのビリビリ音

この音を嫌がる赤ちゃんも多いのでは?

うちはビリビリ音で泣くタイプの子でしたので

外す時には聞こえない場所へ移動して外したり

いつしか嫌がらなくなったのですが

しばらく気を使いました

先日、ヒップシート単体のポルバンの試着をしたのですが

静音面ファスナーといってビリビリ音に配慮していて腰ベルトの真ん中部分だけがマジックテープなんですよね

ベビー&ミーは全面マジックテープ

付けたときの「しっかり留まってる感」が違うなぁと

感じました

どちらも更にバックルで留めるので取れる心配はないでしょうが

少し気になったポイントでした

・かさばる

とにかく「かさばる」

ガッチリ系の抱っこ紐に共通する悩みですね

ベビーカーの下に入れたらこれだけでいっぱい

使わずに装着しているとめっちゃ出っ張るウェストポーチを付けている状態

コンパクトな抱っこ紐が欲しいと思わせます

でもコンパクトなセカンド抱っこ紐を買ってみて思うんですが

やはり長時間・10キロ超えの子どもを抱っことなるとコンパクトタイプではキツイんですよね

なので状況によって皆使い分けをしているんだと思います

・腰への負担がつらい

私も夫も腰痛持ちです

そんな私たちには腰で支えるヒップシートタイプの抱っこ紐は

使っていくうちに

「腰、やば」

と思うようになりました

中には腰への負担が全然ないです的な意見もありますが

(多分それを見て買ったはず)

私たちにはそうは思えませんでした

以前、ヒップシートタイプを使われているお母さんと少しお話した際、

その方も「腰にきますよね」と話されていました

なのでこれは人それぞれだと思うのですが

そう感じる人もいるよと

腰痛持ちの方、要注意です

・付けたまま座るのが大変

子どもが寝た時、そのまま椅子やソファに座るのが大変でした

ヒップシートの台座部分が太ももの付け根に当たって

座りづらいんです

めちゃくちゃ背筋良くして座っていました

なので椅子はまだしも、ソファに座るのはしんどかったですね

うちの息子は約1歳くらいまで抱っこで昼寝だったので

寝たら座りたいじゃないですか

そこで家の中での昼寝用にKonnyコニーを買うことに

※後にレポートします

まとめ

ヒップシートとしても使えるので生後4ヶ月~2歳7か月の現在もまだ使っています

値段の元は十分取った感じです

装着やサイズ調整が簡単で誰でも共有できるのはすごく魅力です

ゴツイ抱っこ紐全てに共通する「かさばる」問題

これはもぅ仕方ないんですよね

子どもの体重を支えるにはガッチリとした抱っこ紐でないと厳しい部分はあります

腰で支えるタイプの抱っこ紐なのでやはり腰への負担はあります

腰痛持ち夫婦の私たちにはちょっと間違えた選択だったかなとも思わなくないです

その点、エルゴは肩や背中にも分散させて支えるので良いかなと

そうすると今度は肩こりがつらいとかなるのかなぁ

いずれにしても10キロの米俵を1日中抱っこしていたらどんな抱っこ紐でもつらい

ベビー&ミー現在の新製品は

BELK.27500円(税込)というんですよね

パーツを変えると新生児から使用可能

公式サイトより

公式サイトで最大5000円オフクーポン付き試着レンタルサービス

1650円(送料+500円)もやっています→

楽天でレンフィットといういくつかレンタルして比較できるモノもあるんですね

ONE-Sやエルゴを比較するにはもってこいですね

次回は③コニーと④モンベルのレポートです

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA